notes

失われた20代を挽回しようと四苦八苦。

New Balanceが欲しいのだが

僕はいま、New Balanceのスニーカーが欲しいのですよ。とっても。

 

僕だって、「おしゃれな人っていいな〜」と思ったりするけど、基本的には服には無頓着と言ってもいいかもしれない。

今日だって、無印良品のシャツに、Leeのスキニー、靴下はユニクロ

通勤に使っているリュックだって、THE NORTH FACEのランドセルみたいなものだもん。

 

まったく気にしていないわけではないけど、強いこだわりがあるわけでもない。

だって、ダサい格好はしたくないけど、洋服ってお金かかるじゃん。

それに、ハイブランドの洋服を見ても、それに価値や魅力を見出せない残念な思考なのです。

 

でも、さすがにそろそろ靴を買い換えたいのです。

見た目もぼろぼろになってきたし、もう少ししたら臭いそうな気がするし。

今はいてるのはNIKEのスニーカーだけど、いったいいつ買ったやつだろう…確か、たまたまショッピングセンターで目に付いた3000円くらいのやつだったんじゃないかと思う。

 

で、で。

次に買うならNew Balanceにしようかな、なんて考えているわけだ。

 

なんか、ほら。

New Balanceって、おしゃれな感じがするし、シンプルで普段履きによさそうじゃないですか。

きれいな色した靴は、やっぱり汚れるのが気になってもったいない貧乏性なのです。

ついに、僕もNew Balanceデビューしてみようかな、と思っているわけです。

 でも、困ったことに何を買えばいいのやら…。

 

おしゃれ男子が履いてるようなやつがいいな〜と漠然と考えていても、いろいろモデルが多いじゃんね。

それに、お値段も手頃なものからウン万円するようなものまであったりする。

僕みたいなNew Balanceビギナーには、見た目はどれも同じような感じで、何が違うのかさっぱりわからんのです。

 

なんでNew Balance??

でも、スニーカーなんて、あえてNew Balanceにこだわる必要もないじゃんね。

まあ、僕があんまりブランドとかメーカーを知らないというのもある。

安直に「おしゃれなスニーカーといえばNew Balanceじゃない??」と思っている節も否めない。

それでも、いまの気分的には、とってもNew Balanceなのだ。

 

New Balanceって、やっぱり流行っていることもあって、さりげなくこだわりを演出できる感じがするわけですよ。

それに、基本的にずぼらな性格でどこにでも同じ靴で行くし、がしがし酷使することになる。

そんな人間に、ルブタンとかジミー・チューはもったいないでしょう。

 

それから、あのちょいださい感じというのも魅力的だったりする。

いまならNIKEとかPUMAだって、同じようなレトロなテイストのものがあったりする。

でも、普通の靴屋さんにおいて、圧倒的に選択肢が多いのはNew Balanceなんじゃないかと思っているわけだ。

 

なんでこんなに流行ってるの??

で、にわかの僕としては、そもそもなんでそんなにみんな履いてるわけ??と思わなくもない。

もちろん、僕のように、有名人やおしゃれな人が履いてるからという理由で選ぶ人もいるだろう。

でも、やっぱりそれだけじゃ「長い間」、「多くの人からの支持」を得ることはできないと思うわけですよ。

 

New Balanceのルーツはどこにあるかといえば、やっぱり履き心地にあったりするみたいだ。

まあ、シューズメーカーなので当たり前といえば当たり前か。

でも、現在のNew Balanceの人気を決定付けているのは、1985年に誕生した1300シリーズというのが定説っぽい。

 

ニューバランス - Wikipedia


Nの文字をあしらったデザインが特徴的であり、中でもスニーカーの「1300」は人気が高く、ラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したことでも有名である。

 

toyokeizai.net


スニーカーのロールスロイス”とも称される、「M1300」。機能、品質の高さが人気の理由の一つであることに間違いない

 

イギリスでは、よく「最上級の〇〇」を「〇〇のロールスロイス」という言い方をする。

本物のロールスロイスには乗ったことがないけど、とにかく素晴らしいものだというのはわかった。

 

でも、最近の人気っぷりには、女性からの支持による影響が大きいようだ。

記事によると、おかげでABCマートはほくほくらしい。

 

toyokeizai.net
女性が普段からスポーツを楽しむようになった影響で、街中でもスニーカーを履くようになった

 

toyokeizai.net

もともとスニーカーは男性からの支持が高かったが、そこにおしゃれや見た目を重視した女性向け商品が増えていき、今やスニーカーは、男女問わずファッションアイテムの主役に躍り出ている。

 

2つともも東洋経済オンラインからの引用だが、そのブームは一過性のファッションではなさそう。

一過性のファッションという域を優に超えて、ライフスタイルにあったマテリアルとして定着している感がある。

シューズメーカーとしての確固たるスタンスがあり、その上でファンやユーザーにしっかりと評価されているのがわかる。

 

で、結局、何を買ったらいい??

New Balanceのスニーカーは、どれもクラシカルな印象が強く、ブランドとして統一感がある。

だからこそ、にわかの僕のような人にとっては、微妙な違いや値段の差が??となるわけだ。
つまり、いろいろある中から、何を買っていいのかわからないのだ。

 

www.sagacity.bz

ここではそんな迷える子羊に、型番の表記や機能性についてとてもわかりやすい解説してくれていた。

 

mens.tasclap.jp
こちらのページでも、モデルごとの特徴を比較し、わかりやすく紹介されていた。

 

で、そんなNew Balanceのスニーカーから、個人的に気になってものをピックアップしてみたいと思う。

 

1300/1400

 

まずは、New Balanceのフラッグシップとも言える1300/1400モデル。

値段もそれなりにお高いのですが、「New Balanceとはかくありき」という感じがする。

個人的には、少しぼてっとした感じの印象を持っているのだが、貫禄があるというか堂々たる”N”の存在感が眩しい。

 

996

 

996はレトロなルックスではあるが、履き心地を追求したド定番モデル。

全体的な造形も少し1300・1400からはアップデートされてる感じがあり、とっつきやすさを感じる。

値段は安いとは言えないけど、こだわりあるスニーカーならこのくらいするのでは??と納得できる範囲だと思う。

 

997/998

 

996と比較すると、そのデザイン性の高さは僕が見ても一目瞭然。

ランニングシューズがベースとのことで、しゅっとした雰囲気を纏い、一味違った印象を受ける。

近代的なフォルムになり、初心者でも抵抗なくファッションアイテムとして楽しめそうな感じがする。

 

574/576

 

576は1988年のデビューで、名作といわれるモデルのひとつ。

また、576はトレイルラン用のモデルとして登場し、996と比較するとソールなどにも特徴が見られる。

574は576の廉価版のような感じだが、見た目にはほとんど違いはない。
エントリーモデルとして、非常に人気なのはどうやら574のようだ。

 

まとめ

 

と、知れば知るほど、New Balanceのスニーカーは奥の深さを感じさせてくれる。

New Balanceの特徴として、新しいものが出ては消えというものではなく、今までの伝統の上に改良を重ねてきたという実績がある。

だからこそ、多くの人を納得させる履き心地を提供することができるのだと思う。

 

いきなり靴屋さんに行って見た目だけで選ぶのも、それはそれで悪いことではないと思う。

でも、単なるモデル名ではなく、誕生やデザインのエピソードを聞くと、「なるほどな〜」と余計に魅力的に感じられると思った。

 

とりあえず、次のお給料日がきたら、とりあえず靴屋さんに行ってみよう。